会社案内

ご挨拶

 弊社には戦前の豊川海軍工廠から来た堅削盤(スロッター)があるかと思えば、最新の大型五面加工機があります。また既に生産中止になっている大型ラジアルボール盤、プラノミラー、大型汎用旋盤が今も生き生きと働いています。機械工場は鉄骨の無い時代のアングル、リベット打ち構造が健在し、また、その必要性から今もあるバイトの職人による手研ぎ、そして製缶工場では最大で幅2.5M×長さ5.0Mの大型製缶品が平面度3mm以下で職人の手作業で作られています。これらはローテクの中のハイテクであり、現代では失われつつある職人技能と言ってよいと思います。
 私は常々、社員に『第一林はメニューの無いレストラン』と言っています。弊社の設備は第一に社員、第二に機械であり、どんな良い機械を導入しても、それを使いこなし、その能力を最大限に発揮させることが出来なければ宝の持ち腐れです。弊社の仕事は毎日がお客様から持ち込まれる昨日と違う仕事であり、そこにマニュアルはありません。社員全員が図面を見ながら一つのものを確実に作り上げていく職人であって欲しいと考えています。
 私は昔からの技術がこれからの時代にも必ず必要であることを思い、会社と社員双方の技能習得向上に力を入れています。今後も社会の底辺を支える役割が、いつまでも弊社に求められることを願っています。

株式会社第一林製作所
代表取締役林幹政

会社概要


会社名 株式会社 第一林製作所
DAIICHI HAYASHI CORPORATION
創業 昭和21年(1946)7月
所在地 〒441-8011 愛知県豊橋市菰口町一丁目28番地
代表者 代表取締役 林 幹政
社員数 35名
TEL(FAX) TEL:0532-31-6378(FAX:0532-31-9400)
e-mail
主要取引先 オークマ株式会社 エンシュウ株式会社 日東電工株式会社 オーエスジー株式会社 
株式会社東京衡機試験機 株式会社FDKエンジニアリング 東洋精機工業株式会社

職制表

改善活動

弊社は品質基本方針をもとに年度品質方針を期ごとに作成します。整理、整頓、清潔、清掃の4Sは毎年外せないものであり、また改善活動も積極的に奨励しています。
最近は各グループ毎に自主的に改善活動を進めてくれるようになりました。

生産管理システム

弊社には独自に開発した生産管理システムがあります。これにより社員全員に毎日の作業指示を行います。工場内には数百種類の部品が様々な工程を経ながら流れています。一日が終わったその日に部品の工程作業時間、行程進度、作業者名を記録します。お客様からの問い合わせには事務所内ですぐにお答えできる仕組みになっています。また不良の発生時には何時、誰が作業したのかすぐに判ります。工程作業では作業者自身が責任を持って検査を行い次工程に送ります。この生産管理システムのおかげでリーダたちの精神的な負担も軽くなりました。

品質方針

弊社は、下記の品質方針を軸に2006年、ISO9001を認証取得いたしました。
これにより、さらなる製品の品質向上を目指します。

  1. お客様に喜ばれる第一林
  2. 会社と社員の技能向上
  3. 快適な職場づくり

主要設備

機械工場

  • 旋盤・・・・・NC旋盤、汎用大、中、小旋盤多数 最大φ1500×4000L 要相談
  • 横中繰り盤・・NC横中(山崎技研)、汎用横中(東芝機械)
  • フライス盤・・NCフライス 2台(オークマ)
  • 立MC盤・・MA650VB,,MB56VB 各1台(オークマ)
  • 横MC盤・・MB8000H(オークマ)
  • 門型MC・・MCV20×40(オークマ)
  • 五面加工機・・MCR-A5CⅡ 25×50(オークマ)
  • その他・・・平研、セーパ、プラノミラー、大、中ラジアルボール盤、各種ボール盤等

組立工場

  • ノコ盤、ドアレールセンター揉み装置、ドアレール歪取り機他

塗装工場

  • バッフルブースBB-C

製缶工場

  • 各種溶接機・・・半自動、ティグ等多数
  • ブレーキプレス、アングルカッター、シャーリング等
  • 定盤・・・・最大3000×6000他多数